おみくじの正しい保管方法を解説

引いたおみくじを持ち帰る際の保管方法とは

おすすめリンク

おみくじには大御心と言い吉や凶は書かれていない

おみくじの由来についてですが、元よりおみくじは何が由来となっているのでしょうか。
おみくじの起源については、村や集落全体が神様の見解を知るために行った「占い」なのです。
古くは、神様の声を聞くための手段だったのですが、江戸時代頃に、神様や仏様の教えを分かりやすくように書いたものがおみくじへと変化していったのでしょう。
加えてその内容に助言的な性質が出て来ることにより、今のようなおみくじの形となったと言われています。
おみくじの正しい引き方については、2つのポイントがあり、お参りが済んだ後で引くことです。
神様に願い事や目標をしっかりと伝えてからでないと、おみくじを通して神様の意見を聞くことはできないでしょう。
次に、目標や叶えたい願いを心に持ちつつ引くことです。
おみくじの入っている箱を、力一杯振ったり、やたら沢山振る必要はありません。
思いを込めつつおみくじを引くことが大切でしょう。
「引いたおみくじを持ち帰った方が良いのか、それとも境内にある木に結ぶべきなのか」と迷う方も多いのではないでしょうか。
各神社により様々な見解があるので、実は「こうした方が良い」という決まりはないのです。
初詣などで引いたおみくじを持ち帰る際は、一年間は大切に保管するようにしましょう。
道に迷った際におみくじを読み返すことにより、前へ進むあと押しをしてくれることがあります。
保管方法については、各自の自由でしょう。
財布やカバンに入れたり、机の中に入れたりするのが一般的ですが、最近ではおみくじを入れて持ち歩くという方のためにおみくじ入れもあるようです。